Category├チロルチョコ

チロルチョコクロワッサン【ローソン先行発売】

チロルチョコクロワッサン【ローソン先行発売】
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

老若男女から長く支持されているパンのクロワッサンを「チロルチョコ」で再現しました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

昨年も発売されていたチロルチョコクロワッサンがローソン先行で再登場しました。

パッケージは清潔感のあるホワイトを基調にしたもの。クロワッサンのイラストがオシャレで素敵。包みを開けるとホワイトチョコのまろやかな香りがふわ~っ!

チョコは焼きたてクロワッサンを思わせるブラウン。ひと噛みするとザクッ!とした音がしてバターの香りがじんわり広がって行きます。ザクザクが進むにつれてバターらしい塩気も高まって、目を閉じて食べると本当にクロワッサンを食べているイメージなんですよ。いつもながらチロルチョコの再現度はスゴイ!と思います。

チロルチョコクロワッサン【ローソン先行発売】

ブログランキングに参加しています。今日は何位かな?

にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ
にほんブログ村

おすすめ度 星4つ
32円(税込)45kcal
チロルチョコ


【チロルチョコ】揚げバナナ

【チロルチョコ】揚げバナナ
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

東南アジアのスイーツ“揚げバナナ”を再現。シナモンとココナッツがほんのり効いたアジア感たっぷりのチロルチョコ。食感の違うドライバナナとフライバナナチップを使って、バナナ感を際立たせました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

トロピカルムードいっぱいのチロルをローソンで発見。限定品ではないようで、その後セブンやファミマでも見かけました。

パッケージは元気いっぱいのビタミンカラー。包みを開くとむせ返るようなバナナの甘い香りがふわっ!!アジアンな香りに気持ちも盛り上がって来ました

【チロルチョコ】揚げバナナ
チョコレートの中にはドライバナナ&フライバナナのチップが入っていて、チョコレートなのにドライフルーツの「噛みしめる」食感が楽しめます。

バナナの甘さをダイレクトに感じさせつつ、太陽の光をいっぱい浴びたドライバナナの香味もワッ!と来るし、合間にココナツやシナモンもチラッと顔をのぞかせるので、小さな一粒だけど何かすごく濃くて食べた後は複雑な気持ち。もう一粒食べて味の謎を解明したくなりました。後を引く味わいと言うのでしょうか

見た目からキッズ向けを想像していたけれど、この複雑な味は大人にしかわからないかも知れませんよ。
【チロルチョコ】揚げバナナ

ブログランキングに参加しています。今日は何位かな?

にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ
にほんブログ村



おすすめ度 星4つ
32円(税込)54kcal
チロルチョコ


【セブンイレブン限定】チロルチョコ〈プレミアム宇治抹茶〉

【セブンイレブン限定】チロルチョコ〈プレミアム宇治抹茶〉
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

特撰の宇治抹茶を使用した味わい深い宇治抹茶チョコで、なめらかな口溶けの宇治抹茶クリームを包みました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+; 

カジュアルな印象のチロルチョコだけどプレミアムラインはゴールドを基調にしたシックな包み紙。今回は旬の抹茶フレーバー!!

「特選」の抹茶を使用しているそうでグーグル検索調では普段飲んでいるお茶葉(煎茶)の20倍くらいのお値段でした。宝くじが当たったら飲んでみたいわぁ

チョコはいつもの市松模様ではなくシンプルな形状。渋めの宇治抹茶チョコに色鮮やかな宇治抹茶クリームが包まれています。

まずその香りの高さにビックリ!

表面のチョコも柔らかく思えたけど中のチョコが更にクリーミーでふわっとしてる。色合い通りに渋→甘の味の変化。全体的に甘め寄りだけど抹茶特有の苦みもほわんと残って濃密な味わい。冷やして食べたら印象が変わりそう。また買って来なくちゃですね

45円で贅沢な生チョコ風の抹茶チョコを堪能できました。抹茶好きさんには箱買いをおすすめします

【セブンイレブン限定】チロルチョコ〈プレミアム宇治抹茶〉 
ブログランキングに参加しています。今日は何位かな?

にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ
にほんブログ村

おすすめ度 星4つ
45円(税込)59kcal
チロルチョコ

↑このページのトップへ